スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

旧譜 『還郷 さとがえり』 『onaka_suita e.p.』 音源公開

こんばんはーみりん屋です。

順調に春みが高まりつつあり暁を覚えないこの頃です。
今日はたくさん寝ました。

さて、少し前にアップロードだけはしていたのですが、
在庫もなくなって久しい弊サークルの昔の作品、
『還郷 さとがえり』 と 『onaka_suita e.p.』 の音源をweb公開しました。

後者はコンピアルバムなので、自分の担当したトラックのみ公開です。

それぞれのアルバムの作品ページに置いてあります。
Sound Cloudの埋め込みプラグイン上の↓マークでダウンロードもできます。

・還郷 さとがえり http://goo.gl/Sxs85z

・onaka_suita e.p. http://goo.gl/tYcrVt

圧縮音源(mp3形式 192kbps)です。

頒布した頃からかなり時間が経って、
今になって改めて聞くと、ちょっと恥ずかしかったりもしますが、
まぁそんなものかなぁ、ということで中身は特に変わっておりませんので、
まぁそんなものかなぁ、という感じでお聞き頂ければうれしいです。


 もう時効だろう、という釈明のもとの裏話ですが、『還郷 さとがえり』 は原作のキャラ設定やストーリーラインに乗っかりつつ、幻想郷に居たかもしれないだれかの一生を、幻想郷に居るかもしれない彼女たちに歌ってもらった、ような体で作った覚えがあります(明確なストーリーラインのある作品ではないので、あまりカッチリとは決めていませんでしたが)
 Tr.1の天子は怖いものなしの幼年期を、Tr.2のお燐ちゃんは友達のことでちょっと思いつめがちで、難解な漢字を好むセンシティブな年頃の少女を、Tr.3は社会人星さんと付き合いつつもこんな私でいいのかと悶々とする大学生ナズーリンを(幻想郷はどこいった)、Tr.4の紫さんは霊夢の誕生を祝う幻想郷の母として、Tr.5はそんな暮らしを楽しい思い出として振り返るだれかを、Tr.6の萃香にはその最期を見送ってもらいました。
 Tr.6は萃香ちんのピアノで伴奏が始まって、それから少しずつ色々な音が重なってくるのですが、最後はまたピアノだけになってしまって、あぁ見送る側はいつだって寂しいなぁと、でも鍵盤回しが最初と最後でちょっとだけ変わってたりして、別れの結果は同じでも一緒になって騒いだ過程にも何か意味があればいいなぁとか、そんな感じのことを実家近くの露天風呂でしわしわになりながらイメージしていた記憶があります。

 ところで女学生お燐ちゃんという言葉には夢がありますね。

 わたしは人の作品を聞いたり読んだりしながら、こういう、作った人は何考えてたのかなぁと想像を巡らせるのが好きなので、自分で作るものでもそういうことが出来て、手に取った人全員ではないだろうけど誰かがそうやって楽しんでくれたらいいなぁ、と思っているのですが、(一次創作であっても二次創作であっても)作った側がライナーノーツとかで「今回は実はこんなバックストーリーがあるんだゼ!」と言ってしまうと、それが答えになってしまって想像を巡らせる余地がなくなってしまうかなーという心配もあり、特に望まれなければ自作品の裏話的なものはしないでおこうか、というのが基本的なスタンスでした。
 このことについて、つまり作品の前段にあった作り手のイメージや動機、バックストーリーが開示されるべきか、ということについては、以前から悶々と考えていたのですが、その中で何度か、わたしと同じように同人活動をしている方から考えを伺う機会にも恵まれ、まぁされるべきか否かとは別の次元で、そういう裏話ってぶっちゃけ書く方も読む方も楽しいよね~、わかる~、あたしカシオレ~と、有益な議論を通して女子力を高めることができました。

 ところで幻想郷の母ってちょっと新宿の母みたいですね (ガオン


5月には例大祭がありますね。
今回はサークルではありませんが、参加はする予定です。
首なしライダーのヒジリィ・ビャクルルソンさんが渋谷で白バイに追い回される画像ください。


・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2015.04.26(Sun) 23:13

東京秘封お疲れさまでした & JCT 自家通販について


同月中ではありませんが3週以内ルールでセーフです(時候の挨拶)


そういう訳で過日に無事開催されました、
東京秘封こと境界から視えた外界、合同祭事も含めてお疲れ様でした。

弊サークルは、前日あたりは結局いつも通りのドタバタでしたが、
当日はまぁ、前回よりは余裕があったかなぁという感じでした。

スペース内から眺めていた限りでは、
開場から終了まで通して盛況な人手であったように感じました。
ただ、その割に慌ただしい感じは無く、
お越し頂いた方や近くのスペースの方ともゆったりお喋りできたような。

差し入れ等々もごちそうさまでした。美味しく頂きました。

        当日のスペース(一部)はこんな感じに
 

設営が終わった頃、一緒にお店番をして頂いたuさんが、
おもむろに向かって右側を置いてこの写真を撮り始めたので、
いったい何をしてるんだろうと思いながら私も向かって左側を置きました。

いったい何をしてたんだろう。
左右とも非売品です。


 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


さて、JCT 0.5およびJCT 1.0につきましては、
今後もイベント等の機会を見つけて頒布したいと思います。

今回は両作とも手組み品で、
業者さんを介さず増産できるものですので、
在庫切れの心配はして頂かなくとも大丈夫かなと思っています。

ですので、店舗委託は予定しておりませんが、
「イベントには行けないが手元に欲しい!」という場合は、
今までと同じく、直接お問い合わせを頂ければ対応させていただきます。

具体的には、定額小為替を用いた自家通販になります。
少々のお時間とお手間 + 送料と資材分だけ割高となってしまいますが、
それでもいいよーということであれば、
hida.miring@gmail.com まで、メールを頂ければと思います。


ではそんな感じでまたー

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2015.03.09(Mon) 23:48

2/21 境界から視えた外界 - 結 - 参加のお知らせ

ご無沙汰しております、みりん屋です。
過日のc87冬コミに参加された皆様は疲れさまでした(過ぎすぎ)
自分はうまく雨を避けられたんですが、朝方はちょっと大変だったようですね。


さて今回もイベントです。
次の土曜日、2/21(土)に蒲田Pioで開催されます「東方合同祭事参」内、
秘封倶楽部中心オンリー「境界から視えた外界-結-」に参加いたします。

 合同祭事参 http://project-d.biz/tohosaiji/
 境界から視えた外界 http://kyoukai.biz/

スペースは 楽-23 マンダライン となります。

頒布物については新作はありませんが、
先立って頒布いたしましたボーカルアレンジCD、
"JCT 0.5" と "JCT 1.0" を持ち込みます(続きものです)

JCT_05  JCT=10

クロスフェードは外部サイトに(自動再生されるかも? ご注意ください)

 JCT 0.5 https://soundcloud.com/hida_miring/xfd-jct05-131230
 JCT 1.0 https://soundcloud.com/hida_miring/xfd-jct10-150220

0.5はボーカル3曲入り300円、1.0は同じく4曲入り400円での頒布となります。

ただ、まるきり新作なしというのも寂しいかなーと思ったりもして、
先日うっかり購入したプラグインを触っていたら楽しくなってしまったりもして、
JCT 1.0 についてはちょっとだけ音が良くなった版をご用意できそうです

なお、先日の京都秘封(科学世紀のカフェテラス)にて、
既に JCT 1.0 をお手に取って頂いた方は、ディスクを交換いたします。
お手数をお掛け致しまして恐縮ですが、お手元にJCT 1.0をお持ちの方は、
当日ジャケットごと、楽-23 マンダラインまでご持参頂ければ幸いです



JCT 0.5については既に一定数を頒布しておりますので、リミックスはしておりません。
当日頒布するCDの音源は、これまでに頒布した音源と同一のものです。


また当日は、0.5 1.0とも装丁をお願いしました、
非統一原子質量単位様の作品も数点、委託を受けます。
もしかしたら! 当日は素敵な展示物も置いて頂けるかもしれません。
お楽しみに。お楽しみに!

 非統一原子質量単位 http://sputniku.tumblr.com/


そんな感じで秘封イベント2連続となりましたが、どうぞよろしくお願いします。


[ 2015.02.20 ] JCT 1.0のクロスフェードデモを最新版に差替えました。

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2015.02.18(Wed) 22:46

c87 2日目 ゲストボーカル参加のお知らせ

年も瀬って参りました、こんばんは。

既に冬のお祭りが始まっておりますね。
今回はマンダラインとしてのスペースはございませんが、他所様の作品に参加させて頂いております。本日はそちらのお知らせを。

明日12/29(月) コミックマーケット2日目
東ホール ノ-01a Saga Novel 様にて頒布される東方緋想天アルバム
『緋染夜灯』 に1曲ゲストボーカルで参加させて頂きました。

特設サイトはこちらに http://sgnv0008-hizomeyotoboshi.tumblr.com/

クロスフェードサンプルもございます


Tr.4 越天楼 にてお邪魔しております。

店舗委託などもあるようですので、どうぞお手に取って頂ければと思います。
(上記特設サイト内リンクからどうぞ)


 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


明日は空模様があまりよろしくなさそうで、少し気がかりですね。
参加される方はあったかくしたりなんやかんやしたりで、その、備えよう。

私は一般参加で地図を片手に会場をふらふらするつもりです。備えよう。

そんな感じで、少し早いですが本年もお世話になりました。

安らかなお正月にむけて備えよう!


・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2014.12.28(Sun) 19:10

科学世紀のカフェテラス お疲れさまでしたの一杯


同月中ですのでセーフです(時候の挨拶)

という訳で過日に無事開催されました科学世紀のカフェテラス、
同時開催イベントも含め、参加されました皆々様お疲れさまでした。

諸々相まって記憶はやや霞がかっている今日この頃ですが、
既に前日(当日)の告知日記からしてあの具合ですので、
当日もいい感じに自律神経さんお留守テンションだったのではないでしょうか。
「秋が深まってきたなぁー」とか言いながら服を脱いだのは覚えています。

 当日のスペースの様子はこんな感じに
 科学世紀のカフェテラス


会場では頒布物を組んでは渡し組んでは渡しの自転車操業でしたので、
かなりあわただしい対応になってしまいました、すみません。
それほど数は出ないだろうと高を括っていましたがちと甘かったです……

頒布いたしました JCT 1.0 ですが、
今回が京都オンリーでしたので、どこか関東のイベントでも出せればと考え中です。
目処がつきましたら追ってお知らせできればと思います。
前作 0.5 ともども、お手に取っていただければ幸いです。


最後にこのまま死蔵されてしまうと勿体ない気がするサークルカットを
(← "JCT 0.5" c85冬コミ  /  "JCT 1.0" 科学世紀のカフェテラス →)
 c85カット  カフェテラスカット


尊い
お疲れさまでした

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2014.11.29(Sat) 20:19

11/2 科学世紀のカフェテラス 参加のお知らせ


ご無沙汰しております、みりん屋です。
ここはご無沙汰の多いインターネッツブログですね。
うん、「また」なんだ。すまない。あと6時間もすると始まるイベントのお知らせです。


本日2014年11月2日に京都市みやこめっせで開催される合同イベントより、
秘封倶楽部オンリーイベン 『科学世紀のカフェテラス』 に参加いたします。
http://cafe-terrace.info/

弊サークルの出しものとしてアレンジCDを作りました。
4曲収録、全曲とも自分で作って自分でボーカル、いつもの自給自足体制です。

JCT 1.0 (じゃんくしょん いってんぜろ)といいます。
外部サイト(Sound Cloud)にクロスフェードサンプルアップしております。

https://soundcloud.com/hida_miring/xfd-jct10-150220

(リンク先へ飛ぶと自動再生されるかもしれません、ご注意くださいね)

去年作った JCT 0.5(じゃんくしょん れいてんご)の続きものです。
当日は(今日ですが)こちらも程々に持ち込みますので、お持ちでないかたはぜひセットでお楽しみください。

旧譜のJCT 0.5は300円/枚、新譜のJCT 1.0は400円/枚、どちらも1曲100円相当です。
100円入れたら1曲歌えるカラオケのような心もちでいらして頂ければと思います。
そんな施設あるんだろうか。
ただ、これはCDですから、聞きながら何度でも歌えます。ワイプはしませんが歌詞も見放題です。いいですね。

ジャケット等の装丁デザインは、
こちらもJCT 0.5から続いて非統一原子質量単位のu様にご担当いただきました。

楽しみですね。私もすごく楽しみです。
今回特に私が(また)カツカツのキリッキリで、まだ現物を拝見できていないというのが主な、えー、ゴホン、ジャケットもディスクも手焼きですので持ち寄って会場で組みます。お弁当持ち寄って昼食会兼交換会みたいですね。
ちなみにそのCDですが、今右手側にデスクトップPC左手側に古いノートPCを展開してせっせと焼き上げつつ真ん中のノートPC(ディスクドライブがない)でこの記事を書いています。スーパーハカーですね。

ともあれ、前作の0.5や、その前にお誘いいただいた2++の頃から、音楽と装丁で分業体制というよりは、そのかなり前のコンセプトやら構想やらの段階からいろんな四方山話をして、ほいじゃお互いどうやって形にしようかなー、というような感じでやらせて頂いて、これがまた非常に楽しいわけで、甘えちゃいかんあまり甘えちゃいかんなと逡巡しつつも、やはり今回も辛く苦しくまた膨大な迷惑をかけまくりつつ、あぁむちゃくちゃ楽しかった……という状態で完成までたどり着きました。いえイベントこれからなんですが。
なので現物の作品の方でも、単に音だけでなくて歌詞とか、装丁とか、モチーフとか、とにかくいろいろ仕込んでいます。もちろん私が下手人のものもありますが、私が気付いてないものもあるかもしれません。そんな感じで、末永くお楽しみいただければ嬉しい限りです。

閑話休題。
当日は(今日ですが)非統一原子質量単位様の過去作品も数点、委託を受けます。
お楽しみに。

スペースは 「紀-27 マンダライン」 です。
木になるみかんはマンダライン、とそらんじて遊びにいらしてくださいね。

最後に、Soundcloudのただし書き? キャプション? 的な部分が見づらくなってしまっていたので、こちらにもJCTズの情報を載せておきます。




東方ヴォーカルアレンジCD "JCT 0.5"

 初出:2013/12/30 コミックマーケット85
 頒布価格:300円

 Tr.1. いつだって、そう
 原曲:明日ハレの日、ケの昨日

 Tr.2. ウェザーリポート
 原曲:ハルトマンの妖怪少女

 Tr.3. 片眼鏡 (かためがね)
 原曲:ハートフェルトファンシー
 

東方ヴォーカルアレンジCD "JCT 1.0"

 初出:2014/11/02 科学世紀のカフェテラス
 頒布価格:400円
 
 Tr.4. 綺麗な藍色の暮れに金木犀 (きれいなあいいろのくれにきんもくせい)
 原曲:少女幻葬 ~ Necro-Fantasy / 夜が降りてくる ~ Evening Star

 Tr.5.つきかげの銅 (つきかげのあかがね)
 原曲:竹取飛翔 ~ Lunatic Princess

 Tr.6.ワレモコウ
 原曲:月まで届け、不死の煙

 Tr.7.桃始笑 (ももはじめてさく)
 原曲:日本中の不思議を集めて



書いていて思い出したのですが、以前イベントの際に、Tr.3の「片眼鏡」の読みは「へんがんきょう」なのか「かためがね」なのか、と聞かれたことがあります。
あれは「かためがね」で、なぜかというとあれは片割れを失くしてしまったさとりさんの曲なので、「片目が無ぇ!」という訳で、えー、ゴホン、

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2014.11.02(Sun) 04:08

c85 2日目(本日) サークル参加のお知らせ


ご無沙汰しております、みりん屋です。

昨日より開催されておりますコミックマーケットc85ですが、
マンダラインは本日2日目にスペース頂いておりました。

フ-25aにて、新譜のボーカルアレンジ3曲入りのCDをご用意しております。
外部サイト(SoundCloud)にクロスフェードと詳細を記載しておきましたので、適宜ご参照ください。

https://soundcloud.com/hida_miring/xfd-jct05-131230

1枚300円です。

直前どころかもう都内の人でも出発するような時間になっちまいました! すみません!
簡単ですが取り急ぎお知らせまで、本日はよろしくお願いします。

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2013.12.30(Mon) 06:42
copyright © 味屋 all rights reserved.

 

 

みりん屋
サークル主です。
音楽を作ったり歌ったり。

 Twitter

 Tumblr

 SoundCloud

 ニコニコ動画


臼田索子
文章担当です。
お話書いたり歌詞書いたり。
夜伽にも過去作があります。

 Twitter

 読書メーター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。