スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

ハンコのつくりかた

おはようございますます。さむい。


さてさて、本ブログの中の人の主な活動領域は音楽なのですが、
あわせてハンコを彫ったりなんだりもしています。

実はこちらについても、「こういうの彫ってほしい!」
といったご依頼を頂いたりしているのですが、
まぁ、ちょっと想像の付きづらいかなぁと思ったりもしています。

そういう訳で、今日は先日頂いたご依頼を例にして、
(依頼主様より掲載許可を頂いています)
ハンコのつくりかたを簡単にご紹介してみたいと思います。


 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


まず、どんなハンコを作るのかって話なんですが、
こんなの や こんなの をイメージして頂ければよいかと思います。
「落款」や「冠帽印」などと呼ばれ、
墨書や墨絵などの脇に押印されるものですが、
わたしは単にデザインハンコとして作っているので、
あまりそのあたりの区分は気にしなくても大丈夫かと思います。


――いちおう予防線――

特に書の世界では、こうした印(落款)は書の一部であって、
印だけを単独で扱うものではない、という考え方もありますが、
「落款」を名乗って制作している訳ではないので
同じ素材と方法を使っているだけのもの、ということで勘弁して頂きたいと思っています。

――ここまで予防線――


材料は石です。今回は寿山石という種類を使いました。
他にも青田石だとか、石にもいくつか種類があるようです。
用途に違いはありませんが、値段と彫り味(堅さ)が少し変わってきます。
自転車でちょっと行ったところの印房で買ってきました。

  han_01.jpg

真ん中の緑っぽいのが石材です。
大きさは画像の向きで、タテ210mm×ヨコ110mmでした。
このくらいのサイズで、製作期間は3日か4日ほどです。
石材の値段は少し失念してしまいましたが、
大きなサイズの石材でも一本500円を超えることはまれです。


石材が決まったら、この大きさに合わせて字などをデザインします。
手書きでやる場合もありますが、今回はデジタルで行いました。

  han_02.png

彫る字(絵も可能です)は自由に決めていただいて構いませんし、
「こんな感じで」というのでも大丈夫です。
今回は依頼主様のお名前ということで、
「篆書体」という書体でお名前の字を配置しています。


デザインが完成したら次は石材の準備です。
石材の字を彫り込む面に紙ヤスリをかけ、平らに整えます。
ヤスリは400と800の二種を使っています。
石の種類にもよりますが、けっこうゴリゴリと削れていきます。

  han_03.jpg


石材の準備ができたら、
先ほどのデザインを印刷し(デジタルの場合)、これを転写します。

  han_04.jpg


転写ができたら、いよいよ印になる面を彫っていきます。
使うのは彫刻刀で、文具店や印房に売っているものです。
それほど高級品でなければ、一本200円から500円くらいでしょうか。

  han_06.jpg

わたしが使っているのは左の平刀が一本と、
細かい部分に使う右のニードルが一本です。
他にもいくつか持っていますが、だいたいこれで最後までいっちゃいます。

  han_05.jpg


あとはひたすら、コリコリの耐久戦です。
字のバランスを調整したり、パキッとやってしまった部分を修正しながら、
コリコリコリコリと彫っていきます。

  han_07.jpg


彫り終わったら紙面に押印し、
これを見て必要があれば補刀(修正の彫り)を入れて完成です。
左が押印したもの、右が完成時の押面(石材側)になります。

  han_08.jpg


ちなみに、
わたしは朱肉に画像のような「練り朱肉」というものを使っています。

  han_09.jpg

名前の通り、ねりねりして使う朱肉で、
これを使うと押印した時の感じがそれっぽくなります。
印房や、お店によっては文具店でも扱っていますが、
これを使わないと押印できないという訳ではなく、
しっかり押して頂ければ事務用の朱肉でも十分お使いいただけます。


完成品は、ご希望があれば箱に入れてお渡しします。

  han_10.jpg  han_11.jpg

箱はサイズにもよりますが、ひとつ300円から500円程度です。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 


とまぁこのような感じで、ハンコを作っています。

基本はコリコリの部分ですが、
個人的に一番細かいなぁと感じるのは、印面を平らにする部分の作業でしょうか。


ご依頼を頂いた場合のお値段については、
現時点では応相談という形を取っていますが、
材料の実費を超える金額を頂くことはありません、とお約束しておきます。
ので、
ちょっとほしいな、という方などいらっしゃいましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせくださいまし(営業トーク)



では、今日はそんな感じで。
 

・日記 | CM(0) | TB(0) 2010.12.29(Wed) 08:06
copyright © 味屋 all rights reserved.

 

 

みりん屋
サークル主です。
音楽を作ったり歌ったり。

 Twitter

 Tumblr

 SoundCloud

 ニコニコ動画


臼田索子
文章担当です。
お話書いたり歌詞書いたり。
夜伽にも過去作があります。

 Twitter

 読書メーター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。