スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

ライブスチーム

オウフ 少し目を離した隙に広告様が鎮座ましましておられる。


もうそろそろ一月前のお話ですが、紅楼夢6に参加された皆様お疲れさまでした。
頒布物をお手に取って頂いた方々、会いに来てくだすった方々、ありがとうございました。

(行ったけどもうなかったよ! の方は申し訳ありませんでした。
 こちらからご挨拶に伺いながらお渡しできずじまいのパターンもあり、
 こればっかりはもう何とお詫びしてよいのやら……)


まぁ、そんなこんなでしたので、紅楼夢で頒布した曲の歌詞を載っけて、
(スペース的な問題で曲のみでした)お茶を濁しつつ更新するテストを。



F-08a おきたできた にて参加させて頂いたCD
”(土)(日)(祝)” に収録の曲です。

---------------------------------------------------------------------------------

タイトル:ライブスチーム
原曲:巨大な影と小さな結末
(東方非想天則OST 「核熱造神ヒソウテンソク」より)
作曲:あきやまうに
編曲:みりん屋
作詞:みりん屋

---------------------------------------------------------------------------------

朝焼けの波間に 雲と霧の境い目に
眺めていた あの影は どこへ行ったの

淡い夢の中で ふれていた夏の雨に
引き寄せた 手のひらは 何を見てたの

見失わぬように 忘れてしまわぬように
切り抜いた あの陰画は どこに仕舞ったの

ずっと覚えていた いつかに押し込んだ場所を

降り積もる幾年月を 吹き払い押しやって
手を伸ばした暗がりに 探り当てた形

動き出した街の声を 胸に吸い込んで
ざわめく心のままに 今日をはじめよう

セピア色のきらめきを ポケットに忍ばせて 
遠く響くさざめきを 汽笛を 辿って

仰ぐ天変の原には 届かない兆でも
地に立つ日のゆらめきで 手繰る今日の先を

退屈な昨日を 羽根車に吹き込んで 
歌え 錆びついた歯車を 軋ませて

宴に結んだ萃夢も 緋色に架けた 想いも
辿りつく久遠の郷 探しに行こう 幻想を

---------------------------------------------------------------------------------


こちら拙作の



再アレンジ的なそういった感じですた。休日風味に。
せっかくなのでCDタイトルも”(土)(日)(祝)”にしてもらいました。

↑の動画は投稿当初ニコ童祭の力をお借りしたこともあり、
いろいろがグアッと伸びてしまってたいそう驚いたものですが、
現在に至ってもじわじわと、あるいはふっと再生やコメント、マイリスを頂いて、
「あぁ、1年経っても聴いてくれて、喜んでくれる方がいるんだなぁ」と
こっそりとやる気を注入してもらったりしています。うれしいねぇ。

今後もゆったりもっさり頑張っていきたいと思いますです。
アッ チラ裏になっちまったでねぇか!
そういうのはいいから!!


 
週末の文々。新聞友の会、昼ごろからもさもさ行ってみるよてい。

ほいではー


 

・同人活動 | CM(0) | TB(0) 2010.11.12(Fri) 03:05
copyright © 味屋 all rights reserved.

 

 

みりん屋
サークル主です。
音楽を作ったり歌ったり。

 Twitter

 Tumblr

 SoundCloud

 ニコニコ動画


臼田索子
文章担当です。
お話書いたり歌詞書いたり。
夜伽にも過去作があります。

 Twitter

 読書メーター

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。